ホメオパシーレメディー、効果なしなのに怪しいと疑わずはまる人の特徴5つ

ホメオパシーはまる人特徴
The following two tabs change content below.
症状と心の問題を解決するホメオパシーの専門家 世良 純子
世界的ホメオパス ヴィソルカス教授IACH卒、ドイツのドクターホメオパスにも師事11年選手。他ホメオパスで解決できないケースを多数担当。医療従事者に囲まれ4回の手術経験をもち虐待・アトピーを完治。婦人科系疾患と心の問題が得意。

症状と心の問題を解決するホメオパシーの専門家、ライフジャンプホメオパス世良純子です。

日本にはおかしなホメオパシーが拡がっていて、効果もないのにホメオパシー受け、受ける前より悪化する人がいます。

私もどうしても手術したくなくて、効果がないばかりか悪化するホメオパシーを受け大失敗をされたことがありますので、同じ体験をしました。

その辛い経験があったからこそ私はかなり勉強し、難易度の高いホメオパシーのリカバリー(失敗したホメオパシーを修正する)を現在やっています。

なので、よそでホメオパシーをうけてから調子が悪いとよくご相談をいただくのですが、大きく悪化するまでホメオパシーを受け続けている人には特徴があるので、当時私が陥っていた状態も含め警告したいとおもいます。

この記事は以下の方に読んでいただきたいです。

  • 自分はホメオパシーで悪化していると感じている方
  • アグラベーションばかりで改善のない方
  • ホメオパスに何を聞いても明白に回答がない方
  • 自分は宗教のようにホメオパシーにはまっているのではないかと感じている方

1.ホメオパシーを受ける動機が心の悩み

悩み

ホメオパシーは何をやっても治らない頭痛があるといったように、症状を治したくて受ける人もいます。

 

身体の症状が悩みで効果のないホメオパシーにはまることは、あまりありません。

理由は治らなければ受け続ける動機がないからです。

はまる人は身体と心の悩みがあるか?心の悩みやだけでホメオパシーに辿り着く人です。

 

ホメオパシーを受ける前にメカニズムの説明を聞いたり、授業に出たり、大手であればビデオを見ます。

 

そこで説明されるホメオパシー理論は間違いではないので、最初に「これこそが自分が求めていた方法だった」とハッとするのです。

そして「自分にはこれしかない」と思い込んでしまうのです。

 

私も重い婦人科系の疾患があったのですが、それが性的虐待からきているとどこかでわかっていたので、ホメオパシー理論を聞いたとき「これこそが私の悩みを解決してくれる最後の手段」とすごく思ったんです。

2.仕事・恋愛・子育ての悩みを相談できる相手やサポートしてくれる友達や家族不在

友達がいない

心の悩みを友達や彼氏、夫に相談もして全部解決はしないけど、わかってはくれる。

完璧ではなくても、ある程度の信頼関係がある人は効果のないホメオパシーにはまりません。

人のありがたみとか人との繋がりをわかっていれば、間違った方向にいっても歯止めがきくんです。

 

一方、はまり込んでしまう人は、自分の悩みを話せる相手をつくれていない、言えば聞いてくれる相手はいるのに自分から話せない、もしくはもっと深いトラウマがある人が多いです。

 

つまり、とても孤独だということ。

自分が陥っていても、孤独ゆえに自分の状態に気づけない人ですね。

 

私は自分の性的虐待が問題だとわかっていたので、たくさんセラピーにも通っい、歴代のつきあってきた彼氏にはうちあけていたし、友達にも話していました。

けど、全然わかってくれないんだなって気持ちがずっとあったんです。

いつか記事にしますが、とくにうちのめされていたのはお付き合いしていた彼たちがたとえ非常にいい人でも全く理解してもらえなかったことでした。

これは根深い絶望と男性憎悪を私につくっていたんですね。

婦人科系の疾患が発見されたときに、それは自分の性的虐待の傷からきていて、いつかそんな病気になるとまでわかっていたのでそのショックはひとしおでした。

 

見つかったときにはすでに子宮をとるか?癌か?ってくらい重かったので、

いままでいろいろワークしてきたけど全然病気を防げなかったんだなって、すごくい打ちのめされ絶望しました。

 

病気が見つかったときにはお付き合いしている人もいなかったので、子宮をとるかもしれないという状態で「ああもうこれで一生誰とも結婚は無理なんだな」という死にたい気持ちもあったんです。

しかも、誰もわかってくれないという孤独に私自身が一番さいなまれているのに、私は会社でも人の悩みの相談役でいつでも人の仕事や恋の悩みばかりえんえんと聞かされていてそれもストレスだったんです。

まして虐待のことは私は家族にはいえないから、誰もわかってくれないって気持ちが人一倍強かったんですね。

 

だからやっと見つけたホメオパシーの理論に強くしがみついたんです。

ホメオパシーがたった一つの解決方法に見えたんです。

 

3.アンチ西洋医学や病院に疑いをもっていて不安が強い

病院

これはまずい団体にかかると強化されてしまう場合もあります。

また、ホメオパシーの最も悪いところ医療ネグレクトをおこしやすいところです。

 

比較的クラシカルホメオパシーは西洋医学を全否定していない傾向があります。

しかし、某団体は「西洋医学=悪」がごとくに医学の悪いところを吹き込む傾向があります。

 

そこでは聞いたこともないような医学の怖い話を聞きますから、そんな怖いことしてたんだ!!みたいに

「ホメオパシー=善 vs 西洋医学=悪」と

2択しかないみたいに思いこまされ不安を強くもってしまうんです。

 

そうなるとホメオパシーを辞めたらあの恐ろしい西洋医学しかない!!!!と

ホメオパシーしかないように感じ不安を煽られるんです。

 

私はまわりに西洋医学系の仕事をしている人が多く、医師もいたので、小さいときから西洋医学は万能じゃないことをむしろ良く知っていたんです。

けど、昔から何度も手術をしていたのに、健康になることはなく。

自分のセクシャリティーに問題を抱えていることもわかっていて、それが何をやっても解決しないこともわかっていたので、治らないホメオパシーを受けていた時期は西洋医学に対してとくに否定的でした。

でも全くホメオパシーで良くならないので、しょうがないから最後はなんとか手遅れ状態になった自分の身体を執刀してくれる先生を探して回ったのですが、医師を選び間違えると子宮がなくなると本当に不安で不安で毎日夜には泣きながら必死でネット検索して、婦人科検診の屈辱に何度も耐えて病院を探して回っていました。

でも結局私はホメオパシーで治りきらず、西洋医学の恩恵でなんとか難しい手術を成功させてもらって助かったので、むしろ手術後は病院の先生にすごくありがたみを感じたんですね。

その後私がホメオパシーを習った先生は偶然にもドクターホメオパスでした。

 

なので、現在はクライアントさんが西洋医学をとりいれながらバランスとってケアできる方法をご提案しています。

ホメオパシーにしがみつく人は「西洋医学 =怖い」 という不安が強化されている傾向が強いです。

 

4.自己価値が低いから自信がなく、ホメオパスに騙されやすく我慢づよく反抗できない

心の病気

ホメオパスの選んだレメディーをとっても効果がないと、ホメオパスが「自分でレメディーとってください」といった驚きなことを言う人がいるようです。

さらにインナーチャイルドが原因だからといって(まあそこまではわからなくはないのですが)ワークをさせるけど良くならないという事例もあるようで、都合が悪くなると他のことのせいにするようです。

私の常識で考えるとホメオパスでもない人にレメディーを自分で飲ませるのは責任転嫁だと思います。

でも、そこまでされてもクライアントさんは自分の心に問題があるとわかっているので、

 

改善しないのは自分のせいだと感じ、頑張って効果のないホメオパシーを続けてしまうのです。

しかも悪化し続けているとより一層「それを耐えれば良くなるかも!」とホメオパシーを辞められなくなるのです。

 

考えてみれば本当に不思議な話です。

一向によくならないうえに、悪化し続けているのにホメオパシーを続ける。

これはひとえにホメオパシーの好転反応の情報が正しく知られていないせいです。

私も当時自分が虐待をうけたのは自分がなにかやらしいとか、生きる価値もないとか、ダメな人間なんだと思っていました。

なので、ホメオパシーでどんどん悪化するのを我慢すれば筋腫が治るのではないかと期待して我慢していたのです。

途中でこれはもうおかしいと何度もホメオパスにかけあったのですが、あなたの特殊な人間性のためにこういう症状がでるのはしかたがないと何度も言われてはただ悪化だけする痛みにのたうちまわりながら耐えたのです。

私はダメな人間なんだからと、ホメオパスに反抗できず、2年近くもホメオパシーをうけて改善していないことを正直に交渉がなかなかできなかったんです。(最後はたたかったんですけどね)

5.メンタルが弱いからヒーリングやスピリチュアルはまって謝った考えにはまる

祈りと願い

ホメオパシーで自分の心の問題を解決しようとする人は、たいていヒーリングやスピリチュアルに興味がある人です。

が、アメリカのように出世したらセラピーを受けて管理職になる訓練を受けるとか、医療系の人は心の訓練をうけるといった習慣がない日本では、臨床心理士の世界は複雑ですし、そこからこぼれる心の問題を扱う人はヒーリングやスピリチュアルになります。

ところがその業界は混沌としていて、自己解釈した誤ったことを教えている人もたくさんいます。

自分自身が病んでいる人がヒーリングを教えていることもしばしばで、謝った知識が拡がっています。

 

ここで、皆さんに知っておいてほしい大切なことがあるのですが、

 

この手のヒーラーやスピリチュアリストが教える「いつも前向きでいましょう」とか「人を悪くおもってはいけません」といったアドバイスは感情のコントロールは感情がちゃんと感じられて、それが表現でき手から行うべきであって

その準備ができなければただ抑圧してかえって心の問題が深いところに押し込められて複雑化するのです。

このようなヒーラーからのコントロールを受けている人は、ホメオパシーを受けるときに抑圧が強いため自分の問題を正しく伝えられない傾向があります。

なのでより一層ホメオパシーで効果が得られなくなり。

効果がなくても「ホメオパスに感謝」とか「運命」とか「ご縁」「天使」「修行」といった屁理屈を自分につけて、全然改善していないことを認められない為、より一層効果もないホメオパシーにはまるのです。

ヒーリングやスピリチュアル受けている人がホメオパシーを受けて効果がない状態に陥ることは非常によくあるのです。

以上あなたがこれらの状態にあてはまっていて、ホメオパシーの効果が半年~1年うけてもないなら、そのホメオパシーは疑ってみてください。

 

あなたの周りにこんな人いませんか?

【まとめQ&A】ホメオパシー療法の副作用と好転反応について知っておくべき情報と対処法

【まとめ】危険だよ!ホメオパシーセルフケアで自分でレメディを飲む前に知っておくべき知識6つ

【まとめ】自分の性格で悩んでいる人は知らなきゃ損!潜在意識丸見えすぎのホメオパシーQ&A

 

※ここでいう症状とはホメオパシー症状も含みます。ホメオパシー の説明上ここでは仮に治療、治す、改善という言葉を使わせていただきましたが、ホメオパシーは生態がバランスを取り戻した結果改善する場合があるというこ とを目指すものであり、医療行為でも治療でもありません。また、レメディーは薬ではありません。医学的に必要な治療をうけるべき時に治療を拒否することを すすめホメオパシーのみで治そうとすることや、薬でバランスをとっているときに全てやめさせることは誤りです。

ホメオパシーはまる人特徴
FacebookpeページとTwitterですここでも仲良くしてくださいね~