ホメオパシーの好転反応でお悩みの方へ

まず基本方針、以下をご理解したうえでお問い合わせください

「ホメオパシーの好転反応」でお問い合わせを多数いただきます。できる限りご相談にのっていますが、あんまりななふるまいをする方もいるため困惑しております(そんなことをしないマナーの素晴らしい方ももちろんいます)。

「よそで不具合が出たものを今すぐ無料で治せ!」という御依頼にはお答えができません、何卒ご理解ください。

また、好転反応のトラウマがあるけれどどうしてもホメオパシーが受けたいといいながら何度も何度もご質問だけを繰り返し実質無料セッションを要求する方がいますが対応できかねます。

きちんとしたご契約関係のクライアント様が多数いることをご理解いただき、何卒マナーを守ってご質問ください。

まず、レメディーをとるのをストップしてみてはいかがでしょうか?

「ご自分でレメディーとって悪化した」「よそのホメオパスに罹ったが悪化が収まらない」と沢山ご連絡をいただきますが、まずは一旦レメディーをやめることをおすすめします。

「無料で緊急で今の状態にレメディーをいますぐ探し出してくれ」とご要望をいただきますがその状態でさらにレメディーをとるのは危険なため対応できかねます。

もし、悪化や混乱であれば既に非常にリスクが高い状態で失敗が許されない難易度の高い仕事となりますので、正式にご依頼ください。

まず以下の目次からご自分の状態にあったところをお読みください。

それでもご自分の状態がまだわからない場合は「いつから何の悩みで何のレメディーをとって最初の悩みが改善したか?今どうなったか?」「問い合わせ」からお尋ねください、ただし本人を見ておりませんのでざくっとしたお返事しかできませんができる限りお答えしております。

プロのホメオパスにかかって悪化が収まらない

まずは以下の記事をお読みになって担当ホメオパスにご相談ください。

こんなホメオパスにひっかかるな!騙されずにホメオパシーを受けるポイント9つ

すでにホメオパスに相談して回答が納得いかないなら、次はこちらにおすすみいただきご自分の状態をチェックしてみてください。

ご自分の状態は好転反応ではなくすでに「ホメオパシーの失敗による悪化・混乱」だと感じたらこちらへおすすみください

セルフケア講座を受けて自分でレメディーをとって悪化した

まず、ご自分がセルフケアを習ったところにご相談ください、学校によっては、「セルフケア相談窓口」などを設けています。

セルフケアは病気のない健康な人が急性症状に使うのものです。

また、心の問題を自分で判断するのは難しく、本当に心に問題を抱えている場合はホメオパシーの世界では「すでに重い症状」と判断しセルフケアの範疇ではありません。

以上のことから、病院で診断される「病気」がある、心の悩みにレメディーを使ったなどの行為を行ってしまったなら、あなたご自身が自分で状態を悪化させてしまったかもしれません。

次はこちらにおすすみいただきご自分の状態をチェックしてみてください。

自己流で本を買ってレメディーをとって悪化した

残念ながら最も最悪のパターンで、自己責任となります。

昨今は手軽にレメディーをとる方法を書いた本や、レメディー(品質の悪いものも含む)が手に入る状況になってしまいました。

私のところに来る相談の中でも最悪の状態になっているのがこの3のパターンになります、次はこちらにおすすみいただき自分の状態をチェックしてください。

以下の記事を読んで自分の状態が好転反応か?ただの悪化・混乱かチェックしてみてください

自己判断でレメディーをとった方は以下の記事もお読みください

 

これらの記事をよんでも自分の状態が好転反応か悪化かわからない場合は、

「いつから何の悩みで何のレメディーをとって最初の悩みが改善したか?今どうなったか?」「問い合わせ」からお尋ねください、ただし本人を見ておりませんのでざくっとしたお返事しかできません、また返答の正確さについては責任負いかねます。

尚、ホメオパシーの悪化・混乱してしまったケースは混乱しているため、自己申告の情報があまりあてにならない状態となってしまっています。

そのため、長い事情を書いたメールを送っていただいても判断できかねますので「有料相談」をご利用ください。

でなければ無料対応しているメニユーもあるのでご検討くださいませ。

ご自分の状態は好転反応ではなく「ホメオパシーの失敗による悪化・混乱」だとわかったら次はこちらへおすすみください

ホメオパシーで悪化・混乱をしている場合の応急処置

下記の記事にかいているレメディーの無効化「アンチドート」をお試しください。

またこちらに公開している以上の個別対応については承りかねますので自己責任で行ってください。

ホメオパシーを受けて好転反応・悪化期間が終わらない場合のチェックポイントと対処法

アンチドートには以下の問題点があります、あらかじめご了承ください。

 

  • アンチドートは個人差があり、効果がない場合もあります
  • 乳幼児などの場合はコーヒーが飲めません
  • あなたがそもそもホメオパシーで解決したかった身体や心の悩みは解決していません、ホメオパシーで悪化してしまった混乱がちょっと収まるだけです
  • すでに病院に罹っても不調が収まらない場合はもうアンチドートだけでは対応できない状態かもしれません
  • ホメオパシー以外の対処法を尋ねられる場合がありますが、私はホメオパスですので存じ上げません

 

アンチドートにトライしてみても不調が収まらない時は、ホメオパシーで本格的にケアしなければ収まらない状態かもです、その場合は次の項目をお読みください。

ホメオパシーの悪化・混乱とわかりました、この状態でもホメオパシーを受けられますか?

受けられますが、じばらく期間をおいていただくことが条件となります、申し訳ございませんが待てないとおっしゃる方の対応は危険なためできかねます。

本来はホメオパシーで悪化・混乱した場合は正しいホメオパシーで軌道修正するのが最もおすすめですが、ご依頼マナーによってはお断わりする場合もあります、あらかじめご了承ください。

ただし、非常に難易度の高い技術となりますので、ホメオパシー体験の主旨をまずお読みください

こちらに同意いただければ、以下のメールから「ホメオパシー体験希望」と書いてお申込みください。

最後に

とても残念ですが日本では誤った形のホメオパシーが拡がっており、好転反応(と自分は思っている、または説得されている)悪化や混乱を体験し、ご自分の状態が悪化か改善なのかわからず苦しんでいる方がたくさんいます。

私もそれをプラクティカルホメオパシーでもクラシカルホメオパシーでもやられ、とても苦しんだ経験があります。

そのため、出来うる限り情報を公開し、時間を割いて苦しんでいる方のためになんでもご相談に乗ってきました。

しかし、レメディーによる悪化や混乱も関係しているせいか?ご自分の状態を怒り狂ってぶつけてくる方や、見たこともない状態でいますぐ無料で自分を治せといって差し迫る方がいらっしゃるため、理不尽な申し出にへお返事はしない方針にさせていただきました。

できるだけ正式なご依頼を御願いしております、何卒事情をご理解くださいませ。

 

あと以下の記事をお読みいただれば尚理解が深まると思います。

【まとめQ&A】ホメオパシー療法の副作用と好転反応について知っておくべき情報と対処法

セルフケアの怖さについて

ホメオパシーメニユー

ホメオパシー体験談

The following two tabs change content below.
症状と心の問題を解決するホメオパシーの専門家 世良 純子
世界的ホメオパス ヴィソルカス教授IACH卒、ドイツのドクターホメオパスにも師事11年選手。他ホメオパスで解決できないケースを多数担当。医療従事者に囲まれ4回の手術経験をもち虐待・アトピーを完治。婦人科系疾患と心の問題が得意。