はてぶでいつもdisっている君に伝えたいことがある

はてぶdisり

症状と心の問題を解決する専門家 ライフジャンプホメオパス世良純子です。

もともと巷でdisりまくられているホメオパシーを約10年勉強し続け、疑いももち、いろんなこともあり、散々悩んだ末、やり続けています。

だからネット音痴ですが、へたくそなりに発信することにしました。

2015年の10月4日からブログを始め、4つ目の記事ではてぶでプチ炎上、disりコメントを多数いただきました。

はてなブックマークってなに?ツイッターん?ってレベルでしたので、

disられるってこんな感じかな~と思っていた概念が覆ったので、今日はそのことについて書いてみます。

ただし、今回は数記事へ意見として反論を書いているのではなく、いつもdisっている方に向けた私の考えですので、該当しない方にとっては全くもって無関係の記事となります。よろしくお願いいたします。

 

まず先に用語解説

バズる 別表記:Buzzる

特定の単語や物事がインターネット上で爆発的に多くの人に取り上げられることを意味する語。TwitterやFacebookなどのSNSで急に話題となった時に用いられることが多い。「口コミ」という意味のマーケティング用語「Buzz」を動詞化したものと思われる。

ディスる 別名:disる

ディスるとは、俗に、相手を否定する、または侮辱することなどを意味する表現である。ディスるの語源としては、否定的な意味を持たせる英語の接頭辞「dis-」を動詞化したもの、あるいは、「無礼をはたらく」といった意味の「ディスリスペクト」(disrespect)を略したもの、などの見解がある。日本では2000年代後半以降、インターネットスラングなどとして頻繁に用いられるようになっている。

出典:実用日本語表現辞典

・・・だ、そうです。

用語すら知らず、はてぶも見てなくて、バズってるよって人に教えてもらって気づいたくらいです。

 

今までは、バズってdisられるってこんなことだと思っていた

私が入っている松原潤一さんが主催するブログマーケティングスクールには、いわゆるスターブロガーさんと言われる方が普通にドサドサいました。

しかも、中にはブログを開設し、わずかの期間であっという間に人気を集めた人がリアルにいました。

皆共通しているのは、

自分をいかに発信するか?いかにそれに共感してくれる人を集めるか?そしてそれをマネタイズしてプラスの方向へ夢を叶えるか?に日々エネルギーを注いで精進している、という点でした。

ブログマーケッター松原潤一さんのサイトまず、トップページからずらずらぁ~と、専門家!な記事が並ぶ上に、検索でも上位表示の常連。・・・

で、あるにも関わらず、すんごい腰が低くて、仕事は親切丁寧で、いい人感満載の方です。

食と健康について書いている安楽真紀子さんの人気ブログ。PV数も多いし、調べ抜いた食に関するお役立ち情報満載です。

苦労して食をもって健康を手に入れた、人の気持ちのわかる、親切を絵にかいたような女性です。

それから友達のブログ満員電車でリュックを下さない君へ、告ぐ この記事結構ズったそうです。

友達の記事は、いわゆる「あるある共感記事」です。

うんうん、話題になるのわかる、鋭いな、それから彼は永年の夢をこれから叶えるところです。

このようないい人が提供している共感、有用情報ですら、disりコメントが来ると聞いて、私はバズって、disるプロセスはこういうことだと思っていました。

 

うまいキャッチコピーの記事を見つけ、読みたくなる

読み、共感できたり、役に立つとおもう、

自分に役立たなくてもこれは話題になると感じる

その著者の姿勢が「一生懸命」だったり、

「いい人」だったりするとさらに腹が立つ

そうやって何かを表現していたり、何かを確立しているから尚腹が立つ

そのちょっと「いいな」って気持ちがスイッチを押す

Go! disってやれ!!!!!

 

まあ、こんなプロセスかな、って思っていました、 分析:byホメオパス。

つまり本当は記事に何割か共感しているから批判を書いているのではないかと。

それとやりたいことを確立して、目立っている人へのひがみ、かなと。

だから「うらやましい存在にならないと、disられるって無縁なんだろうなあ~」とか思っていました。

ああ・・・・キラキラしている雲の上の人たちは大変なのね!・・・って感じです。

 

あれれ、目立ってなくてもdisられる?

一昨日、知名度ないのにバッシングされまくり?ホメオパシーがdisられる5つの理由 という記事を書きました。

正確には5項目なのに、間違って7つの理由というタイトルで投稿したので、批判コメントでご指摘いただき直しました。(読み込んでいただいたうえ、ご指摘までありがとうございました!)

ちなみに投稿画像はコレです、そしてはてぶでバズって批判コメント多数いただきました、コメントコチラ

そして、一昨日まで私のPV数わずか46のブログが、一気に100倍ほどのPV数になっていました。

そう、まるでタイトル通り知名度ないのにバッシング受けまくり?を私もリアルで体験してしまいました。

ホメオパシー批判今回に関しては、記事に共感しているから批判しているのではないと思うし、目立っていることへの嫉妬でも全くないと思います。

自分と違う主義主張の記事を見たら、大した相手でもないのに叩きまくる、というケースなんだと思います。

そして叩いているのを見たら、自分も参戦したくなる、というパターンではないかと思います。

そして叩いている時は、何割か「批判の共感」に加わって満足感が得られたのではないかな?と思いました。

だから、特に「場に参戦している人」は、普段自分の主義主張と合わないことがリアルで起きたとき、自分の不満や意見、ちゃんと言えてるのかな?って心配もしました。

だって、とっても不満そうに見えたから、この際主義主張などなんでもよくて、叩く対象をただ、探しているようにも、見えたからです。

それと、21年販促ディレクターやっていましたが、普通「励ましのコメントお願いします」って書くと励ましのコメントが来て、

「ご不満ありましたらご意見ください」って書くと、自然と不満があつまっていたのが、リアル販促の定説だとおもってきたのですが・・・・。

 

ネットで 「いじめないで」とか、disらないで って記事かいたら・・・

反対に、いじめて、disりたくなんだな、って理解しました。

 

ある意味 ふ~~~~~んという深い感慨がありました。

 

知らなかった、無記名の世界ってすごいな・・・・・と。

相手が見えないと「うっせえよ!」ってな感じで、反対のことしたくなるらしい。

相手が見えないと、徹底的に攻撃しようという力もさらに後押しするらしい。

相手が見えないと、自分がその主義主張についてどうでもよくても、攻撃に加わることがとっても楽しいらしい。

(というわけで、今回の画像 「いじめて!」と書いております、きっといじめないんだ!)

何故スイッチがはいったか分析してみた

最初は、ホメオパシーにもともと批判的だった人がコメント書いていると思いました。

「ホメオパシー有用だ」という影響力のある記事は他にもあるけど、それを批判せず、なぜこの記事でスイッチがはいったのかというと、この単語がきっかけなのかも?と思いました。

知名度ないのにバッシングされまくり?ホメオパシーがdisられる5つの理由

画像の「いじめないで」という台詞

「バッシング」「disる」「いじめる」

この3単語にスイッチがはいったのではないか?と推察しました。

 

この記事だけに批判を書いた人もいるでしょうが、

あらゆる記事に批判コメントを書き続けている人なら、この3単語はスイッチを押すかもしれません。

自分のことを、人をバッシングしてdisっていじめていると、指摘された気がするからではないでしょうか?

もし記事のタイトルが「ホメオパシーが受け入れらない理由について私が思うこと」なら、さほど話題にならなかった気がします。

 

コメントは、なるほどと思ったこともあった

コメントには、間違いを指摘してあり、その通りだと思ったこともありました。

また、批判とはいえ、確かに当たっていると感じたこともありました。

それから、どれだけ批判されようと、何が何でも自分の曲げられない主義主張が本当は何なのか?も、もう一度確認するきっかけになりました。

だから、おこがましいけど 「勉強にはなりました」。

 

自分がdisりたくなる時を考えてみた

私も人から「なんとかヒーリング」(仮名)ってすごいよ、と聞かされ、その理論を聞いて怪しいと思って批判的になることがあります。

体験してから自分の主義主張とは合わないと発言することもありますが、

正直、体験したこともないのに「怪しいんじゃ!」と心の中でうそぶくこともあります。

だから、ホメオパシーに共感できないとか、インチキと思う人がいるのは仕方がないし、その「考え自体」は批判するべきものではないと思います。

 

ただ、自分なら。。。。という話なのですが。

私が「なんとかヒーリング」が出鱈目で、無意味で、人殺しだと思っていたら。

リアルで自分なりの「賛同できない理由」を正直に伝えます。つまりリスクをとった批判をしたいです。

だから、批判するほどでもない場面で、例えば自分の知り合いからFacebookに「なんとかヒーリング」すごい!とか「おすすめ」と記事が流れてきても、特に批判しようとは思いません。

まして、はてぶに掲載されている赤の他人の記事を見て

STEP1 自分にとって無用なホメオパシーの記事に注目し

STEP2 クリックして記事を開き

STEP3 ここがおかしいとか気づくくらいにちゃんと読みこみ

 あほが!とおもってスルーではなく

STEP4 文章を考えコメントを書くという行動までする

 

不思議です、

そこまであなたを行動に突き動かす情熱の理由は

何なんですか?????

 

自分なら批判している「なんとかヒーリング」の記事があった時点で読まない。

そんなことにかける時間は無駄だからです。

共感できないがゆえに読んであほが!と思うことはありますが、

STEP4の行動にまで移し、自分にとって無駄な療法のために、他人の批判コメントを読み、自分もコメント書くことにエネルギーは注がない。

自分のエネルギーはもっと有用なことに使います。

こんな療法間違っている!と心から思うなら、自分が正しいと思うものをどう良いとおもっているか発信することにエネルギー注げばいいと思うのです。

反対に、自分が否定しまくっている療法を、社会から撲滅することが本当に生きる目的なら、顔出しでサイトを立ち上げ、撲滅をリアルで実行することにエネルギーを注ぐことはしないんでしょうか?

もちろんそれをやるなら、顔をださずに批判するよりいろんな風当たりを受けますが、それがあなたの心からの主義主張なら、共感する人たちはあなたの周りにたくさん集まるでしょう。

だって、私のようなネット音痴ではなく、それだけネットサーフィンに時間をかけ、読み込んであれこれ分析して、適切に文章書く頭脳と、能力と、行動力があるのだから、それぐらいできるはずだと思うのです。

 

批判コメントは徹底ブロックする割り切りブロガー

スクールの人ではありませんが、毎月200万だか、1000万だかの収益をあげているブロガーがいて、その人の割り切りがすごいんです。

ちょっとでも批判的なコメントが入ると何もかもブロックするそうです。

時には来た批判的なコメントをFacebookなどで取り上げ、公にして「こんな風にはならないようにしましょうね」それよりあなたは実際にやりたいことに向けて行動しましょう、と説明しています。

ある意味この割り切りすごいな・・・・・とおもうのですが。

最近、ネットでちょっと話題になっている優しげな女性ボディーワーカーさんですら同じ発言をしていてびっくりしました。

ネガティブな意見を言う人は全部ブロックするのだそうです。それで読者など減ってしまっても構わないそうです。

 

もし嫌なコメントを全員がブロックしはじめたら、どーなる?

ネットの人気者の発信は、納得の有用性があるだけではなく、プラス「その人の魅力」というものがあります。

その魅力、は今日明日、出来上がるものではありません。

うんうんいって発信して、検討して、それでやっとできるのだと思うのです、つまり育つまでには、結構なエネルギーが必要です。

そのバックボーンがあると、さらっ書いたものでも共感を得るようになるのでしょう。

でも、読む人が多ければ多いほど批判を書く人も増えてくると思います。

 

そんな読者層の多い人達が、

どんどん自分を批判する人をブロックしはじめたら

どーなるんでしょうか?

 

どこかしこで、批判コメントを書いて、書いて、書きまくっている人は、あちこちでどんどんブロックされてゆくことになりますよね?

あなたがその記事を批判しようと思った理由は、単なる批判したい、もあったでしょうが、中には「あなたの感性に何割かひっかかって、くそ面白くないから」批判した記事もあったはずだと思うのです。

そういう「何かムカッとくそ面白くない」時、実は自分のやれないことやっている人だから腹が立ったというのは本当にありませんか?

つまりあなたが批判しまくっている相手の中に、あなたの潜在的仲間がいたかもしれないってことです。

そこにプラスの形で飛び込めば、あなたが今「できない」と思って「不満を向けているエネルギーの方向」をプラスに変えられるように助けてくれたかもしれません。

それにdisってる時って、何割かまわりとの「一体感」って感じませんでしたか?だからいつもdisりに参戦するとか、ありませんか?

だったらもっとあなたという人間を知った上で、誰かと一体感もってみましょうよ。

あなたが自分のために行動もせず、人をdisっている間に。

あなたはどんどんブロックされ、多くの潜在的仲間を失うかもしれないですよ?

案外行動を迷っている時間はあまりないかもしれないですよ?

だって、あちこちで不満かいていたら、あちこちからブロックされるんですから。あなたは多くの潜在的仲間を失うかもしれないじゃないですか?

あ、一応書いておきます、私の記事はうらやましいとかでdisったんじゃないってわかっています。

ただね、チェックしたら私の記事だけdisっているんじゃなくって、いろんな人をdisって、disって、disりまくることを生業としている方がいたので、そのようなマインドの方「だけ」に向けて書いたつもりです。

なので自分は違う、と思っている方は他人の話なんだから関係がないと思います。

だから「批判が趣味の人のみ」に伝えますが。

はてぶでdisりまくっているあなたは頭がいいんだから

そのエネルギーを他に使ったら、

結構すごいことできるんじゃないかと思うんです

 

ホメオパシーを無料でプチ体験できるメールマガジン始めましたお申込みはコチラ↓身体と心のメカニズムがわかる、ライフジャンプホメオパシー無料メールコーチングお申込みフォーム


The following two tabs change content below.
症状と心の問題を解決するホメオパシーの専門家 世良 純子
症状と心の問題を解決し、あなたの人生の問題も解決するホメオパス。 世界三大ホメオパス、ヴィソルカス教授のIACH日本校最後の卒業生で、ドイツ人のドクターホメオパスにも師事し、FCHも卒業した10年選手クラシカルホメオパス。 医療業務従事者に囲まれ、自身が4回の手術経験をもち、西洋医学の限界を痛感。虐待の生い立ち、アトピーも完治。 21年販促ディレクターでライター。ヒット商品も開発する辛口マーケッターでもある。詳しくはプロフィールをご一読くださいませ。

FacebookpeページとTwitterですここでも仲良くしてくださいね~

 

はてぶdisり
FacebookpeページとTwitterですここでも仲良くしてくださいね~
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

症状と心の問題を解決するホメオパシーの専門家 世良 純子

症状と心の問題を解決し、あなたの人生の問題も解決するホメオパス。 世界三大ホメオパス、ヴィソルカス教授のIACH日本校最後の卒業生で、ドイツ人のドクターホメオパスにも師事し、FCHも卒業した10年選手クラシカルホメオパス。 医療業務従事者に囲まれ、自身が4回の手術経験をもち、西洋医学の限界を痛感。虐待の生い立ち、アトピーも完治。 21年販促ディレクターでライター。ヒット商品も開発する辛口マーケッターでもある。詳しくはプロフィールをご一読くださいませ。